/

この記事は会員限定です

ブームに沸く人工知能 「三度目の正直」なるか

編集委員 永田好生

[有料会員限定]

人工知能研究が大きな盛り上がりをみせている。コンピューターに学習させる手法で「ディープラーニング」(深層学習)と呼ぶ革新的手法が登場した影響が大きい。長く冬の時代を過ごしてきた研究者たちが「今度こそ」と意気込んで実用化を目指している。果たしてどのようなイノベーションを生み出してくれるだろうか。

ディープラーニングが火付け役 高い画像の認識率

「こんなに盛り上がってきて不思議な感じだ。ディープラーニングのおかげだね」

こう話すのは古川康一・慶応義塾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン