2019年1月20日(日)

ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT

(1/3ページ)
2015/8/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 「モノのインターネット(IoT: Internet of Things)」が製造業を始め、社会インフラ分野にまで普及してきた。日経BPクリーンテック研究所が2015年6月に発行した「IoTプロジェクト総覧 社会インフラ編」によると、最近特に目立つのは、サービス業のように我々の日常生活に関わりが深い分野でもIoTやIoTを拡張した「IoE(Internet of Everything)」の浸透が加速していることである。スマートフォン(スマホ)やタブレット端末の普及が、IoTやIoEの拡大を後押ししている。

サービス業のIoT化は欧米各国で一斉に始まっているが、中でも数多くの企業が導入を活発化させているのが、スペインである。TelefonicaといったIT(情報技術)系の大企業だけでなく、サービス業を手掛ける中小企業でも導入が始まっている。

例えば、Tahona Goyesca。同社は、北東部のアラゴン州で職人による手作りのパン・ケーキや洋菓子の製造・販売を営んでいる。製造拠点を4カ所、配送用トラック10台を持っており、販売店やレストランに商品を配送する保冷トラックの位置把握や配送中の商品の温度管理をIoTによって実現した。

同社は毎日30回ほどの商品配送を午前中に行っており、その際の保冷トラックの位置をGPS(全地球測位システム)で追跡するとともに、保冷庫内の温度を温度センサーで測定する。車両の現在位置や温度センサーの情報は、3G携帯電話網とインターネットを介してスマホやパソコン、タブレット端末などからリアルタイムで監視可能となっている。

同社でカスタマーサービス・マネージャーを務めるLaura Lumbreras氏は、「ケーキや洋菓子類は配送時に最も気を使う商品の一つである。それらの状態をリアルタイムで管理することによって、配送で生じる遅延や問題を直ちに見つけ、商品の品質が劣化する前に対策を講じることが可能となる」と話す。

Tahona GoyescaのIoTシステム構築を支援したのが、同州サラゴサを拠点としIoT向けのセンサーモジュールやクラウド接続ゲートウェイなどの機器やシステムを開発、販売するLibelium Comunicacionesである。同社は、サービス業だけでなくスマートシティーや農業、産業分野など様々な用途で使用可能なセンサーモジュールを製品化し、グローバルな事業を展開するに至っている()。

表 IoT参入企業の例 (表:日経BPクリーンテック研究所「IoTプロジェクト総覧 社会インフラ編」のデータを基に日経BPクリーンテック研究所が作成)

表 IoT参入企業の例 (表:日経BPクリーンテック研究所「IoTプロジェクト総覧 社会インフラ編」のデータを基に日経BPクリーンテック研究所が作成)

同社の創業者兼最高経営責任者(CEO)のAlicia Asin氏は「IoTとスマートシティーに関して、スペインは『欧州のシリコンバレー』だ。IoTが多くの起業家を魅了し、興味深いエコシステムをこの国に生み出していることは間違いない」と語る。

■センサー内蔵端末で「魔法」を演出

米国フロリダ州オーランド近郊にある「ウォルトディズニーワールド(WDW)リゾート」は、テーマパークやスポーツ観戦といった娯楽サービス分野におけるIoTやウエアラブル端末の導入で先行している。しかも、既に成功しつつある事例と言える。

WDWを運営する米ウォルトディズニーは、WDW園内で入場券、ホテルの鍵、園内で財布代わりに使用可能な電子マネーなどとして使えるウエアラブル端末「MagicBand」、およびそれを統合したサービス「MyMagic+」の構想を、2010年に立案した。その後、10億ドルもの初期投資と約3年半の準備期間を費やし、MagicBandとMyMagic+は顧客向けテスト段階に入り、まもなく一般顧客に対して導入された(図1)。

図1  ウォルトディズニーワールドなどで導入されているRFID内蔵のウエアラブル端末「MagicBand」(写真: Walt Disney Company)

図1  ウォルトディズニーワールドなどで導入されているRFID内蔵のウエアラブル端末「MagicBand」(写真: Walt Disney Company)

MagicBandにはRFIDチップが埋め込まれており、既存の紙で出来たチケットやパスなどをすべて置き換えている。「Magical Express」と呼ばれるサービスを通じてMagicBandを事前に入手した顧客は、WDWへの入場時に入園ゲートでアクセスポイントにMagicBandをかざすだけでよい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報