2019年1月19日(土)

[FT]アジアは過去より将来に目を向けよ(社説)

2015/8/18付
保存
共有
印刷
その他

欧州では第2次世界大戦の悲惨な出来事から時間がたてばたつほど、交戦国間の憎しみが薄れていく。北東アジアでは、悲しいかな、その反対が当てはまるように見える。70年前の出来事が遠ざかるほど、憎しみが増していくのだ。

安倍首相の戦後70年談話を報じる中国各紙(15日、北京)=共同

安倍首相の戦後70年談話を報じる中国各紙(15日、北京)=共同

部分的には、日本が与えた恐怖について、この国は完全に悔いることがなかったという中国人、韓国人が抱く心からの気持ちのためだ。部分的には、憎しみの炎を生かしておこうとする計算高い行為のためだ。このことは自己の正統性を強化するために反日感情を利用する中国共産党について特に当てはまる。共産党が自らの血まみれの歴史についてこれほどひどく不正直でなかったら、日本は過去と真正面から向き合うべきだとする同党の絶え間ない要求は、もっと説得力を持つだろう。

ここ数十年、日本は「謝罪外交」という見苦しいショーに閉じ込められてきた。日本の指導者たちは悔悟の声明を出し、その言葉に本物の反省の証拠があるかどうか検証される。安倍晋三首相が終戦70年を記念する演説を行ったのは、こうした背景の下でのことだ。

何カ月も前から、修正主義的な見解で知られる安倍氏が過去の謝罪の中心的な原則をいくつか書き換えるのではないかとの臆測があった。しかし、結局、首相はおおむね台本を守った。「侵略」「痛切な反省」「おわび」などのキーワードをすべて使った。歴代首相が日本の罪をはっきり説明した過去の声明を明確に支持した。

確かに、安倍氏は自身のおわびは加えなかった。さらに、一部の表現は過剰に慎重な言葉で表された。特に、帝国陸軍によって性の奴隷になることを強いられた「慰安婦」については、はっきり語ろうとしなかった。

対照的に明仁天皇は、安倍氏が見習ったらよかっただろう、より率直な反省の意を表明した。問題は、次に何が起きるかだ。

ほぼ必然的に、中国政府と韓国政府は不満を表明した。中国の新華社通信は、安倍氏の談話は不誠実で、「言葉のごまかし」に満ちていると書いた。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、談話は自分の期待に沿うものではないと述べた。過去の基準に照らすと、そうした批判は穏便だった。今のところ、中国政府も韓国政府も日本政府との落ち着いた関係を望んでいる。

危険なのは、中韓両国は国内の目的に合うときに再び歴史のかさぶたをはぐことだ。これは進むべき道ではない。領有権紛争を含め、この地域がこれほど多くの対立を生む問題を抱えているときは特にそうだ。むしろ中国と韓国はフィリピンやシンガポール、インドネシアといった他のアジア諸国に目を向けるべきだ。これらの国は皆、日本の侵略の犠牲者だったが、前へ進んでいる。

確かに、日本はドイツほどはっきりとは謝罪しなかった。受け入れがたいことに、安倍氏を含む数人の指導者は靖国神社をかつて参拝したことがある。数百万人の一般兵士とともにA級戦犯数人の「霊」が眠るこの神社は、日本の指導者が戦死者をしのぶには不適切な場所である。

■潮時というものがある

それでも、取った行動で日本は判断されるべきだ。日本の軍隊(自衛隊)は70年間、敵に銃弾を一発も放ったことがない。平和主義は深く根を下ろしている。

安倍氏は未来に関しても、いくつかのことを話した。戦後何十年もたってから生まれた日本人の若い世代が祖先の罪について謝罪し続ける必要はないはずだと語った。さらに、歴史は「胸に刻む」べきだが、こうした出来事の責任を負わない若者を脅すために継続的に歴史を持ち出すべきではないと述べた。

歴史の教訓は決して忘れてはならないが、過去を終わったものとすべき潮時というものがある。アジアの平和の展望にとっては、今がそのときだ。

(2015年8月17日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(翻訳協力 JBpress)

(c) The Financial Times Limited 2015. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報