女性がリードして始まった台湾総統選  編集委員 飯野克彦

(1/2ページ)
2015/8/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

馬英九総統の任期満了にともなう台湾の総統選挙で、主な候補者が出そろった。最大野党・民進党は4月に蔡英文・党主席(58)を候補者として公認し、馬政権の与党・国民党は7月に洪秀柱・立法院(国会に相当)副院長(67)を公認した。そして8月6日、親民党の宋楚瑜・党主席(73)が名乗りをあげた。ほかにも候補者はいるが、事実上この3人の間での争いとなる。

■先行する蔡氏、選挙運動責任者も女性に

なかでも有利に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

電子版トップ



[PR]