チームニッポン大変革

フォローする

誰もが「日本代表」 ボランティアでめざせ東京五輪
編集委員 北川和徳

(2/2ページ)
2015/8/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

担当会場や職種の希望を出しても、それが通るとは限らないという。市居さんのお薦めの職種は、人数も多い会場案内。「会場にいて大会の雰囲気を感じられるし、競技の観戦もできます」

大会によって異なりはするが、期間中は通常1人10日間以上の活動を求められる。大会前からトレーニングにも参加しなければいけない。仕事に就いていればまとまった休みを取る必要もある。開催都市から離れている人の場合は、宿泊や現地までの交通費はもちろん自己負担。いい加減な気持ちでできることではない。

大イベント成功の達成感がご褒美

では、ボランティアにはどんな特典があるのか。もちろん金銭的報酬はないが、大会中の開催都市の公共交通機関は無料となり、仕事中は食事もでる。五輪マークや大会ロゴの入ったユニホームのセットも全員に支給される。このほか、大会スポンサー企業の限定商品がプレゼントされることもある。

ロンドン大会のボランティアはゲーム(五輪・パラリンピック)を作る人々という意味で「ゲームズメーカー」と呼ばれ、閉幕時にはキャメロン首相から感謝状が贈られた。さらに、英国チームの祝勝パレードに一緒に参加することもできた。大イベントの成功を支えたという満足感と、かけがえのない思い出が最高の特典になるのだろう。市居さんは「さまざまな世代の人と一緒に力を合わせて世界が注目するイベントをなし遂げたという達成感がご褒美です」と話す。

NPO法人日本スポーツボランティアネットワークが開催するボランティア養成やスキルアップのための研修会への参加者は、20年東京大会が決まって以降、急増している。本番に向けての実績作りと考えている人も多いようで、「20年の五輪・パラリンピックでボランティアをするにはどうしたらいいのか、という質問も増えています」と同ネットワーク事務局の但野秀信さん。同ネットワークは先月下旬、ボランティア希望者とスポーツイベント主催者をつなぐポータルサイト「スポボラ.net」を開設した。

ボランティア文化前進させる絶好機

20年の東京で必要なのは、大会組織委員会が募集するボランティアだけではない。世界から迎える観戦者をサポートする観光ボランティアも大幅な増員が必至だし、東京以外の全国各地も各国チームの事前キャンプ地となる。その気になれば、なんらかの形で関わることは難しくない。企業のボランティア休暇制度への理解も進むだろう。20年五輪・パラリンピックは、日本のボランティア文化が新たな段階に進む絶好のチャンスでもある。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

チームニッポン大変革をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

20年東京五輪のコラム

障害者スポーツのコラム

電子版トップスポーツトップ

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
設楽悠は2時間6分11秒で快走した

 低迷していた日本の男子マラソン界に2017~18年シーズン、明るい兆しが見えてきた。2月下旬の東京マラソンで設楽悠太(26、ホンダ)が2時間6分11秒と快走し、16年ぶりに日本記録を更新。井上大仁( …続き (2018/3/21)

小平奈緒選手の応援で長野県茅野市役所の会場に集まった人たち。パブリックビューイングは自治体が主体の場合のみ認められた=共同共同

 20年前の長野冬季五輪で最大のヒーローといえば、ノルディックスキーのジャンプで金2個を含む計3個のメダルを獲得した船木和喜(フィット)だった。当時22歳の船木はデサントの社員。高校卒業後の彼を同社が …続き (2018/3/7)

昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2018/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]