/

この記事は会員限定です

報酬制度が示唆する東芝の病

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

不適切な会計処理の問題を起こした東芝が近く、新しい経営体制を発表します。9月中に予定される臨時株主総会もにらみ、社外取締役の人選や再発防止策などにも注目が集まります。東芝問題については、あまり指摘されてこなかった論点があります。「報酬」「インセンティブ」です。新経営陣が真剣に考えなければならない問題だと思います。

第三者委員会が7月20日に提出した調査報告書は、不適切会計の遠因の一つとして「業績...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン