2019年2月21日(木)

ピザ価格破壊 格安専門店台頭、焼きたて1枚500円

(1/2ページ)
2015/8/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

ピザの価格破壊が進んでいる。起爆剤となっているのは1枚500円程度という格安で焼きたてのピザを提供する専門店だ。宅配ピザに割高感を感じていた学生や家族連れが手軽にピザを楽しめるようになった。一方、宅配ピザも持ち帰りによる値引きを図ったり、ワンコインピザに参入したりと新たな消費者の獲得に力を入れる。ピザ市場の最前線を追った。

アルバイトでも扱える窯の登場で低価格化を実現(ナポリスの渋谷神南店)

アルバイトでも扱える窯の登場で低価格化を実現(ナポリスの渋谷神南店)

「焼きたてピザっておいしい」。7月下旬の平日昼、「ナポリス ピッツァ&カフェ」渋谷神南店(東京・渋谷)。友人と一緒に訪れた杉並区の高校2年、鈴木彩世さん(16)の顔が思わずほころんだ。マルゲリータなどのピザ3枚、ドリンク2品で計約2千円に「高校生の財布にも優しい」(鈴木さん)という。

トマト、モッツァレラチーズなどの食材を窯で焼いたマルゲリータの価格は350円で宅配ピザのMサイズ(1千円台~2千円台)とほぼ同じ大きさ。イチジクとゴルゴンゾーラチーズのピザ(期間限定)など、約15種のピザはすべて千円以内で持ち帰りもできる。

遠藤商事ホールディングス(東京・渋谷)が2012年4月に渋谷神南に1号店をオープン。現在、別のワンコインピザ店を含め全国で48店舗を展開する。遠藤優介社長は「2千円台のピザの時代にワンコインという低価格なだけでなく本格的な窯焼きのピザは衝撃的なはず」と出店の狙いを語る。渋谷神南店は20代~30代を中心に人気を集め、客単価は約1千円で1日500~600人を集客し、月商800万~1千万円と想定を上回る売れ行きだ。

■迎え撃つ宅配チェーン、持ち帰り値引き

ドミノ・ピザ ジャパンは持ち帰り需要の取り込みを強化する。

ドミノ・ピザ ジャパンは持ち帰り需要の取り込みを強化する。

ワンコインのピザは急速に店舗網を広げている。08年10月に1号店を開いたキャンディーBOX(東京・渋谷)の「CONA」は約30種類のピザを500円で提供し、全国35店舗を展開。Buona Vita(東京・杉並)の「センプレピッツァ」は1枚380~890円の約10種類を武器に11年6月の1号店オープンから4年弱で30店舗を達成した。

大手外食チェーンの参入も進む。吉野家ホールディングス傘下のグリーンズプラネット(東京・北)が運営する「ピッツァナポレターノカフェ」荻窪駅前店(東京・杉並)は、週末、家族連れでにぎわう。近くに住む会社員、川崎紀弘さん(43)は「もちもちな生地を味わえ、宅配よりも早くて安い」と満足そう。妻、長男とマリナーラ(500円)などのピザ2枚を含め6品を注文しても計約3千円。月3回のペースで利用している。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報