/

この記事は会員限定です

人工知能で動画解析 ヒトの視覚に近づくロボットの目

宮本和明 米ベンチャークレフ代表

[有料会員限定]
ITpro
人工知能の進化は急だ。今では、静止画だけでなく動画に何が写っているかをコンピューターが理解できるようになった。ライブで配信されるビデオをリアルタイムで解析し、内容に応じて区分けする。この技術は、既に大手企業の広告事業で使われている。ビデオ解析の究極の目的は、ロボットの"眼"となること。応用範囲は広大だ。今回は、ヒトの目に近づきつつある最新の「コンピュータービジョン」についてレポートする。

現在、コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン