/

この記事は会員限定です

ドローンで進捗管理 米スタジアム建設は効率化の実験場

[有料会員限定]
 米国カリフォルニア州サクラメントで建設中のスタジアムでは、施工管理にドローン(無人飛行体、UAV)を活用。空撮写真を基に作成した点群データと、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルを連携させて、工程管理にも活用している。大手建設会社のターナー(Turner)とイリノイ州立大学の研究チームによるコラボが、最先端の施工管理を可能にした。

カリフォルニア州サクラメントで、プロバス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン