/

この記事は会員限定です

知能持つヘッドライト 自動運転見据え歩行者と「対話」

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス
クルマのヘッドライトの進化が止まらない。光源が、LED(発光ダイオード)やレーザーへと変わっているだけではない。開発の方向性が「明るく照らす」ことだけにとどまらずに多様化しているのだ。例えば、配光を細かく制御したり点滅させたりして、これまで見えにくかった視界を鮮明にする。ヘッドライトを歩行者や周囲の車両とのコミュニケーション手段にする研究も進んでいる。これらの開発は、車載カメラとの連携による"知能化"が前提となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン