三角、円柱、羽根なし…加速する高機能家電の奔流
5種類を解剖

(3/3ページ)
2015/8/12 12:00
保存
共有
印刷
その他

●空気清浄機能を備えた羽根なし扇風機 ピュアクール(英ダイソン)

英ダイソンは空気清浄機能を搭載した羽根なし扇風機「ピュアクール」を4月28日発売した。マイクログラスファイバー素材を蛇腹状に254回折り畳んだ「HEPAフィルター」を内蔵し、従来の空気清浄機では除去しきれなかった直径が0.1μm(μは100万分の1)以下の超微小粒子状物質「PM0.1」や細密なウイルス、たばこの煙などを99.95%まで取り除けるという。PM0.1は免疫力の弱い高齢者や子供が吸い込むとぜんそくや気管支炎などの原因になる。

運転音も静かで空気清浄機で初めて国際的な騒音基準であるクワイエットマークを取得し、深夜に使っても邪魔にならない。扇風機としては冬場に低速、夏場に高速と運転速度を切り替えられ、通年で使いやすい。日常の手入れは簡単な拭き掃除だけですむというが、フィルターは別売品(6480円)を年1回程度交換することが必要だ。実売価格は7万円前後。販売目標は非公表。

▼詳細はこちら

●手軽な除湿機能も 布団クリーナー レイコップRP(レイコップ・ジャパン)

レイコップ・ジャパン(東京・港)はハンディー型布団クリーナーの最上位モデル「レイコップRP」を2月28日に発売した。本体内部から70℃の温風を出し、布団の水分を取り除く機能を搭載した。除菌のための紫外線ランプの出力を16Wと同社従来機種の2倍に高め、布団からダニやごみをたたき出すためのパッドを2つから4つに増やした。ダストボックスの容量は0.1L増の0.4L。布団に触れる本体底面に付けるローラーの数を増やして動かしやすくした。実売価格は5万7000円前後。販売目標は2015年中に20万台。

▼詳細はこちら

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]