/

この記事は会員限定です

アマルティア・セン氏「道理が世界を変える」(これからの世界)

ハーバード大教授

[有料会員限定]

――日本とアジアの戦後70年を、専門の厚生経済学の視点でどう評価しますか。

「日本の経済はとても成功した。明治時代に教育に力を入れ、識字能力を高めたことが土台にある。また、現代化を求める一方で、伝統的な文化の基盤を失わなかった。経済を優先し、後から人道的な政策が緩やかに追いつくという、欧米型の経済発展をまねしなかった」

「医療保険制度の整備も重要だった。経済の発展よりも人の発展を重視した。人の能力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2486文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン