/

この記事は会員限定です

全米に「ドローンハイウエー」 NASAの本気度

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]
 「航空産業を一変させる次世代ビジネス」と期待されている小型無人機(ドローン)。新ビジネスに積極的な米国では、米航空宇宙局(NASA)や米アマゾン、米グーグルなどが官民共同で商業ドローンの産業基盤整備を進めており、2020年には現在の航空機並みの運航ルールや管制システムを本格整備する予定だ。日本もドローンのビジネス利用に消極的な姿勢のままではIT(情報技術)と同様に米国の後じんを拝することになりかねない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2868文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません