バブル入社組が迫られる「社畜卒業宣言」

(1/3ページ)
2015/8/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 出世のためには深夜残業や休日出勤もいとわず、家庭を犠牲にして会社に滅私奉公する──。典型的な日本のサラリーマンを、作家の安土敏は会社に飼われた「社畜」と表現した。社長の指示で不正会計に手を染めた東芝社員もまた社畜である。だが、会社に忠誠を誓う代わりに雇用を守る暗黙の「契約」を、会社は反故にし始めた。かつて大量採用した「バブル入社組」を支えきれなくなってきたのだ。だがそれを「卒業」と考えれば、必ず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]