/

この記事は会員限定です

イラン原油輸出制裁解除 残る「復活」へのハードル

[有料会員限定]

原油価格が軟調だ。国際指標の北海ブレント原油は7月に入って大台の1バレル60ドルを割り込み、下げ足を速めている。米欧など6カ国とイランが7月14日に同国の核問題の解決で最終合意に達したことで、イランの原油輸出への経済制裁が解け、市場への供給が増えるとの観測が強まったのが一因だ。しかし実際に制裁が解けるのは、イランが約束通り核開発を制限していることを確認した後だ。いつイラン産原油の輸出が増えるのかは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン