サッカー独代表の戦術、名は広がらずとも影響大きく
スポーツライター 木崎伸也

(3/3ページ)
2015/7/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

では「プログレッションサッカー」では、相手が陣形を整えているときは、どう攻めるのだろう?

当然、監督によっていろいろな方法論があるが、14年にドイツで発売された戦術書『Matchplan FUSSBALL』(ティモ・ヤンコフスキ著)にいくつかの基本が書かれている。

・意図的なリズムチェンジ

・DFラインを越える飛び出し

・クロスもしくはスルーパス

・斜めのアクション(斜め方向のランニング+縦パス、縦方向のランニング+斜めのパス)

・1対1の仕掛け

・少ないタッチでのコンビネーション

攻守両側に求められる数秒の約束事

同書によれば、標準レベルのチームは組織が崩れた状態から、整った状態にするまでにおよそ10秒かかる。よりレベルの高いチームであれば6~8秒だ。

つまり、マイボールになったときに相手の組織が崩れていたら、そこから10秒以内にフィニッシュに持っていくべし、ということだ。これは「10秒ルール」と呼ばれている。

逆に守る方の約束事としては、「ボールを失ってから、5秒間だけ全力で奪い返そうとする」という守備法が、強いチームのスタンダードになりつつある(ドイツではゲーゲンプレッシングと呼ばれている)。

つまり、攻める方にとっても、守る方にとっても秒数が大切ということだ。いくつかのクラブでは、練習場に電光表示のカウントダウン計を置くようになった。

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、縦に速いサッカーを求めている。おそらくレーウ監督の「プログレッションサッカー」と似たイメージを持っているのではないだろうか。

ネーミングのセンスは受け入れられなかったが、その中身は本物である。なにせW杯のタイトルをもたらしたのだ。レーウが10年がかりでたどり着いた哲学は、日本にとっても大いに参考になる。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]