2019年6月26日(水)

守・破・離への道(岡田武史)

フォローする

現状維持は退歩 チームも選手も変化してこそ

(1/3ページ)
2015/8/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

FC今治で仕事を始めてから、うちのクラブの育成部門に入りたいという応募は県外からもあったりする。「どうしてですか?」と尋ねたら「サッカー選手だけでなく、人間としても、きちんと育ててくれそうだから」と親御さんから返ってきたりする。もし、それが本当ならうれしいことだし、そういうイメージはクラブの特色として大事にしたいとも思う。「サッカーだけを教えるクラブじゃないぞ」と。ただし、小学生に関して県外からの応募は基本的にお断りしている。やっぱり、育成年代では、子供は親御さんと一緒に暮らすことが大事だと思うからだ。

いろいろな人のアイデアや考えを採り入れながら、FC今治で最上のものをこしらえていきたいという岡田氏

いろいろな人のアイデアや考えを採り入れながら、FC今治で最上のものをこしらえていきたいという岡田氏

「進化は変化の中にある」

もう一つ、FC今治に関心を寄せてくれる大きな理由に「岡田メソッド」の存在がある。何か新しいことに岡田はチャレンジするらしい、それは今までの方法論とは少し違うらしい――そんな噂を耳にして、その新しいメソッドで自分も鍛えられたいということなのだろう。

今治で試行錯誤しながらメソッドを製作するのは「変化」を求めてのことだ。スポーツの現場にいると「進化」という言葉をよく聞く。企業にとってもイノベーションは非常に重要なキーワードで、選手もメディアも「進化」を強調する。やることなすこと、すべてが進化に直結するのがベストなのだろうが、世の中、そうそうおいしい話は転がっていない。万端の準備を整えてやったことが無駄になることだってある。商品開発の現場などでは、むしろ失敗に終わることの方が日常茶飯事かもしれない。

私は「進化は変化の中にある」と思っている。進化だけを狙い打ちしても、そうそう当たるものではない。変化を求めて「あれも」「これも」とやっているうちに進化の芽がやっとのことで見つかるような気がしている。

怖いと思うのは進化しないことを恐れて新しいことにチャレンジせず、結果的に現状維持を選択することだ。スポーツの世界で現状維持は退歩を意味するから、とどまっていること自体が確実にダメな方向にチームや選手を追いやってしまう。また指導者としても立ち止まったら終わりである。新しいシーズンの最初のミーティングで、選手たちをグッと引き付ける新しいものが自分にあるか、今でも不安になる。

らせん階段のようなケースも

ある企業が「縦割りの組織ではダメだからフラットな組織にした」と思ったら、しばらくして事業部制が復活したりする例がある。部外者から見たら「なんだ、結局、一巡して同じところに戻ってきただけじゃないか」と思うかもしれないが、私にはそういう変化を求める姿勢にも意味があると思っている。最初からずっとその場にいたのと、一巡して戻ってきたのとでは意味が違うと思っている。上から見たら元に戻っているかもしれないが、横から見たら一段上に行っている、らせん階段のようなことが起こっていることもある。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

守・破・離への道(岡田武史) 一覧

フォローする
FC今治を足場に湘南へ移籍し、今季はJ1でプレーする小野田(左)=共同共同

 人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)が生活の隅々に及ぶ未来の社会において、スポーツはいかなる価値を持つのか。今回はそんなことを読者の皆さんと一緒に考えてみたい。
 3月17日に開幕した第21回日本 …続き (5/24)

ファンやサポーターの厚情に応えるためにも、「来年こそは」と誓いを新たにした

 日本フットボールリーグ(JFL)からJリーグ3部(J3)への昇格を目指した2018年シーズン、私がオーナーを務めるFC今治は年間順位5位に終わり、目標を達成できなかった。負け惜しみととられるかもしれ …続き (2018/12/26)

攻め込むFC今治の桑島(右)。今年はJ3昇格を果たさなければならない

 私がオーナーを務めるFC今治は2年目の日本フットボールリーグ(JFL)を戦っている。3月11日に開幕したファーストステージは第10節(5月20日)を終えた時点で4位(5勝2分け3敗の勝ち点17)にい …続き (2018/5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]