/

この記事は会員限定です

中国経済減速と日米バブル崩壊の共通点は

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

中国経済の減速が国内外の株式相場に影を落としている。急落した上海総合指数は若干戻したとはいえ、このまま小康状態を維持できるか断定はできない。生産年齢人口の比率減少がもたらす構造的な成長率鈍化と資産価格の乱高下は、日米で起きたバブル崩壊と同じ構造を内包している。

「ギリシャのドタバタ劇はほぼ落着したが、上海株は調整が長期化する可能性がある」とみるのは三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘・投資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン