Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

冥王星を間近で観察 自宅のパソコンで「宇宙旅行」
ジャーナリスト 新 清士

(1/2ページ)
2015/8/2 6:30
共有
保存
印刷
その他

 国立天文台(東京都三鷹市)が開発・公開中の天体シミュレーターソフト「Mitaka(ミタカ)」をご存じだろうか。最新バージョンをパソコンにインストールすれば、米探査機ニュー・ホライズンズが7月14日に冥王星に接近した軌跡も、実際のデータに基づいて見ることができる。市販の周辺機器を組み合わせれば宇宙の変化を3D立体視できるなど、無料とは思えないクオリティーの高さだ。開発担当者に最新版の特徴と楽しみ方を聞いた。

探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に最も接近した7月14日の様子をミタカでシミュレーションした画像。衛星カロンの公転軌道よりも内側を通過している。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ
画像の拡大

探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に最も接近した7月14日の様子をミタカでシミュレーションした画像。衛星カロンの公転軌道よりも内側を通過している。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

 ミタカは、実際に観測したデータに基づく映像を簡単な操作で閲覧できるパソコン向け天体シミュレーターソフト。2003年に最初のバージョンを公開してから、10年以上にわたって継続的にアップデートしてきた。国の予算で開発しているため、無償で利用できる。これまでに80万回もダウンロードされ、天文ファンや教育関係者などが利用してきた。

■太陽系の大きさを実感

 ミタカを使えば、地球や月、太陽系全体、太陽系の周辺の恒星、そして全銀河の成り立ちまで、現在観測されている137億年におよぶ宇宙の歴史をパソコンのモニター上で自由に見てまわれる。

 特筆すべきが「宇宙空間」モードだ。地球上から天体を眺める「プラネタリウム」モードとは別に、あたかも宇宙船に乗って惑星や恒星に近づいて星々の様子を眺められる。各国の探査機が詳しく調べている月や火星などの場所については、地表の凹凸をまで再現可能だ。例えば、NASAのデータが使われている火星に近づいてみると、エベレストの3倍の標高2万7000メートルにおよぶ太陽系で最大の火山、オリンポス山の巨大さを実感できる。

ミタカでみる火星のオリンポス火山。火口は富士山がすっぽりと入るサイズ。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ
画像の拡大

ミタカでみる火星のオリンポス火山。火口は富士山がすっぽりと入るサイズ。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

ニュー・ホライズンズが冥王星に接近していったルート。木星の重力を利用して、コースを変更したのがわかる。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ
画像の拡大

ニュー・ホライズンズが冥王星に接近していったルート。木星の重力を利用して、コースを変更したのがわかる。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ


 最新バージョンでは、米探査機ニュー・ホライズンズが7月14日に冥王星に接近通過する様子も体験可能だ。表示される軌道を見ると、06年に打ち上げられた後、07年に木星に最接近して、その重力を利用して加速し、一直線に冥王星を目指しているのがわかる。

国立天文台の加藤恒彦氏
画像の拡大

国立天文台の加藤恒彦氏

 ミタカの開発を続けている天文シミュレーションプロジェクトの専門研究職員である加藤恒彦氏によると、現在のミタカは想像図で冥王星を描写しているが、NASAがニュー・ホライズンズの観測データを公開したあかつきには、実測データで描写した冥王星を閲覧できるようになるという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

GR DIGITAL III」「同IV」のキャップリングを構成する部品を3Dプリンターで造形し、金型の更新を不要とした。従来はポリカーボネート(PC)を射出成形していたが、粉末床溶融結合法の3Dプリンターでポリアミド(PA)12を使い造形。後処理として黒に染色している(写真:リコー)

リコー 製造終了デジカメの部品、3Dプリンターで造形 [有料会員限定]

 自社の製品開発プロセスにおける試作品だけでなく、顧客の手元に届く最終製品の製造手段としての活用も広がる3Dプリンター(AM、Additive Manufacturing)。従来の他の工法に比べて形状…続き (10/16)

ゴーグル不要「裸眼VR」、一瞬で未体験ゾーンの破壊力 [有料会員限定]

 「ワオ!」「アメイジング!」――。2017年3月に米国テキサス州オースティンで開催された音楽や映像、ネット技術の国際見本市「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)2017」。会場の一画では、来場…続き (10/17)

ICカードかざさず改札通過 ソニー、近接無線普及に再挑戦 [有料会員限定]

 ソニーが近接無線通信規格「TransferJet(トランスファージェット)」の普及に再び挑む。次世代仕様「TransferJet X」と独自のアンテナ技術を組み合わせて、B to B分野での採用を狙…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月17日(火)

  • 世界がトヨタを潰しにきた!VW、習近平「EVシフト」の狙い
  • 労働者を保護すると、ロボットの導入が加速し失業者が増加する
  • 新iPhoneのワイヤレス充電は、社会インフラを大きく変える可能性がある

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月17日付

2017年10月17日付

・VR機器部品、技術競う アルプス電気やロームなど
・LNG船、CO2さらに抑制 環境省、技術開発に補助金
・3Dプリンター、建設にも 大林組が橋の部材
・マツダ、車の骨格1割超軽く
・大島造船所、本社工場の拡張検討
…続き

[PR]

関連媒体サイト