2019年7月20日(土)

冥王星を間近で観察 自宅のパソコンで「宇宙旅行」
ジャーナリスト 新 清士

(1/2ページ)
2015/8/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

 国立天文台(東京都三鷹市)が開発・公開中の天体シミュレーターソフト「Mitaka(ミタカ)」をご存じだろうか。最新バージョンをパソコンにインストールすれば、米探査機ニュー・ホライズンズが7月14日に冥王星に接近した軌跡も、実際のデータに基づいて見ることができる。市販の周辺機器を組み合わせれば宇宙の変化を3D立体視できるなど、無料とは思えないクオリティーの高さだ。開発担当者に最新版の特徴と楽しみ方を聞いた。

探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に最も接近した7月14日の様子をミタカでシミュレーションした画像。衛星カロンの公転軌道よりも内側を通過している。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に最も接近した7月14日の様子をミタカでシミュレーションした画像。衛星カロンの公転軌道よりも内側を通過している。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

ミタカは、実際に観測したデータに基づく映像を簡単な操作で閲覧できるパソコン向け天体シミュレーターソフト。2003年に最初のバージョンを公開してから、10年以上にわたって継続的にアップデートしてきた。国の予算で開発しているため、無償で利用できる。これまでに80万回もダウンロードされ、天文ファンや教育関係者などが利用してきた。

■太陽系の大きさを実感

ミタカを使えば、地球や月、太陽系全体、太陽系の周辺の恒星、そして全銀河の成り立ちまで、現在観測されている137億年におよぶ宇宙の歴史をパソコンのモニター上で自由に見てまわれる。

特筆すべきが「宇宙空間」モードだ。地球上から天体を眺める「プラネタリウム」モードとは別に、あたかも宇宙船に乗って惑星や恒星に近づいて星々の様子を眺められる。各国の探査機が詳しく調べている月や火星などの場所については、地表の凹凸をまで再現可能だ。例えば、NASAのデータが使われている火星に近づいてみると、エベレストの3倍の標高2万7000メートルにおよぶ太陽系で最大の火山、オリンポス山の巨大さを実感できる。

ミタカでみる火星のオリンポス火山。火口は富士山がすっぽりと入るサイズ。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

ミタカでみる火星のオリンポス火山。火口は富士山がすっぽりと入るサイズ。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

ニュー・ホライズンズが冥王星に接近していったルート。木星の重力を利用して、コースを変更したのがわかる。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ

ニュー・ホライズンズが冥王星に接近していったルート。木星の重力を利用して、コースを変更したのがわかる。Mitaka: Copyright(c)2005 加藤恒彦, 4D2U Project, NAOJ


最新バージョンでは、米探査機ニュー・ホライズンズが7月14日に冥王星に接近通過する様子も体験可能だ。表示される軌道を見ると、06年に打ち上げられた後、07年に木星に最接近して、その重力を利用して加速し、一直線に冥王星を目指しているのがわかる。

国立天文台の加藤恒彦氏

国立天文台の加藤恒彦氏

ミタカの開発を続けている天文シミュレーションプロジェクトの専門研究職員である加藤恒彦氏によると、現在のミタカは想像図で冥王星を描写しているが、NASAがニュー・ホライズンズの観測データを公開したあかつきには、実測データで描写した冥王星を閲覧できるようになるという。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。