自動運転ロボや顔認証キー…「変なホテル」はIT見本市
"ロボットホテル"探訪記(下)

(3/3ページ)
2015/7/31 6:30
保存
共有
印刷
その他

室内の照明の操作や目覚まし時計の設定もしてみたところ、正常に動作した。十分、実用的だと感じた。せっかちな人なら、そのやり取りに少々いらつくかもしれないが、ちゅーりーの見た目や声色はかわいらしく、何だか憎めない。最後に「ありがとう」と話しかけると、「お安いご用ですよ」との返事。ここはビジネスホテルではないのだから、その点はご愛嬌ということだろうか。

ちゅーりーの横には、タブレット端末も装備されている。タブレット端末によるペーパーレス化で、ホテルの施設や設備、サービスの内容を閲覧できる(写真8)。さらにタブレット端末を使って、館内電話をかけたり、照明を調整したりすることも可能だ。

写真8 タブレットで施設や設備、サービスについて閲覧できる

写真8 タブレットで施設や設備、サービスについて閲覧できる

■ドローンを活用する予定も

変なホテルのコンセプトは「変わり続けることを約束するホテル」だ。既に配備されているロボットのほか、これからも新たな技術を次々に取り入れ、快適性と生産性を高めていく。

将来的にはルームサービスなどでドローン(小型無人飛行機)を活用する計画である(写真9)。ドローンに、小型の自動走行車が取り付けられており、ドローンが着陸したときに自動走行車部分が切り離され、小型の荷物を届ける仕組みである(写真10)。

写真9 変なホテルに導入予定のドローン

写真9 変なホテルに導入予定のドローン

写真10 変なホテルのドローンは自動走行車を備える

写真10 変なホテルのドローンは自動走行車を備える


ハウステンボスは、変なホテルの第二弾の建設も進めている。7月17日に開業した第1期棟に加え、2016年前半には第2期棟(72室)もオープン予定だ。さらに、グループのリゾート施設「ラグーナテンボス」でも、変なホテルを改良・進化させたホテルを建設する計画だという。

ハウステンボスの澤田秀雄社長は「ローコストエアラインの次はローコストホテルの時代が来る」と言い切る。変なホテルでの体験は、そうした近未来を予想させるものだった。

(日経コンピュータ兼日経ITイノベーターズ 矢口竜太郎)

[ITpro 2015年7月22日と同23日付の記事を再構成]

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

"ロボットホテル"探訪記(上)

娯楽から工場まで ロボット最前線

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]