/

自動運転ロボや顔認証キー…「変なホテル」はIT見本市

"ロボットホテル"探訪記(下)

ITpro
ハウステンボスが2015年7月17日に開業した「変なホテル」。快適性と世界最高水準の生産性を両立させるため、様々な技術を駆使した革新的なホテルだ。特に面白いのは、人件費を4分の1に抑えるため、フロントやポーターなどの業務にロボットを導入している点。一体どのようなホテルなのか。体験レポートの後編では、コンシェルジュやポーターとして働くロボット、そして室内の案内ロボットの"仕事ぶり"を紹介する。
写真1 友達のような口調で語りかけるコンシェルジュロボット

「変なホテル」のフロントの付近には、館内を案内するコンシェルジュロボットが座っている(写真1)。近づいて「こんにちは」と話しかけてみると、「僕が館内を案内するよ。何が知りたいの?チェックイン?チェックアウト?朝食?それ以外?」と友達のような口調で語りかけてくる。フロントロボットが敬語を使うのとは対照的だが、ロボットが相手だからなのだろうか、それも憎めない。

「朝食はどこで食べるの?」と聞いてみると、食堂の場所と営業時間を教えてくれた。その後は、「他に知りたいことはある?ない?」と尋ねられる。「ない」と言うと、ロボットは「それじゃあ、またねー」でおしまい。

安全を重視したポーターロボット

コンシェルジュロボットの奥手には、荷物を客室まで運ぶ機能を備えたポーターロボットが待機している。ポーターロボットの形状は、タイヤの付いた荷台だ。そこに、自分の荷物を載せる(写真2)。その後、背面のタッチパネルに部屋番号を入力すると、動き出す。

写真2 ポーターロボットの荷台に荷物を載せる
写真3 部屋番号を指定すると、自動運転で荷物を運ぶ

その後をついて行く。退屈しないように、との配慮なのだろう。ロボットが動き出すと、タッチパネルにハウステンボスの見どころなどを紹介するCM動画が映し出された。

無意識に歩いていると、いきなりロボットが停止した。その理由は、ロボットとの距離にあった。ポーターロボットと離れすぎると止まる仕組みになっている。ロボットの前や横を歩いたりするのもNGである。ポーターロボットの使用上の注意書きがあったのを見逃していた。

少々早歩きの記者にとって、ポーターロボットの進む速度は遅く感じた。ただし安全性を考えてのことなのだろう。ロボットに案内されることは初めてのことなので、特にいらつくことはなく、宿泊する部屋へと向かった(写真3)。

ポーターロボットの案内で、宿泊する部屋に到着した(写真4)。ポーターロボットから荷物を取り出し、ボタンを押す。任務を終えたポーターロボットはそのまま廊下を直進し、比較的広いスペースに出たところでUターンし、ロビーへと戻っていった。

ポーターロボットを見送り、客室のドアの前に立つ。ドアの横には、カメラと非接触式ICカードキーの読み取り装置が設置してある(写真5)。顔認証システム用の装置である。チェックイン時に顔画像を登録済みなので、早速、顔認証で解錠してみようと試みる。

写真4 ポーターロボットに案内されて部屋に到着
写真5 客室ドアの横にカードキーの読み取り装置と顔認証用のカメラがある

ところが、カメラの下にある表示部分には「REJECT」が点灯。うまくいかない。カードキーを読み取り部分にかざすと解錠できた。

それにしても、なぜ顔認証システムが正常に動作しなかったのだろうか。疑問に思い、もう一度、説明書を読み返した。「顔画像データの登録時は、カメラから50センチメートル以上離れてください」という内容が書かれている。フロントで自分の顔画像を登録する際、カメラを覗きこんだことを思い出した。顔写真が撮影される、ということを意識しすぎて、カメラに近づきすぎていたようだ。

「再びフロントに戻って顔画像データを登録し直さなければならないのだろうか」と面倒に思っていると、対処策があった。カードキーを持っていれば、まさに目の前(客室のドアの横にある)のカメラで顔画像データを再登録できるようになっていた。

カードキーを読み取り部分にかざしながら、今度は50センチメートル以上離れて撮影。すると、顔画像データの再登録が完了した。今度こそ大丈夫だろう。改めて顔をカメラに向けると、「ACCEPT」が表示され、解錠された(写真6)。部屋に入る。

写真6 顔認証でドアロック解除。これでキーを忘れても入室可能に

室内には案内ロボ「ちゅーりー」

「こんにちは」。声の主は、ベッドのサイドテーブルの上に置かれた小型の案内ロボットだ。ハウステンボスのマスコットキャラクター「ちゅーりー」である(写真7)。

ちゅーりーに話しかけると、現在の時刻や室内の温度、今日の天気、明日の天気を聞くことができる。指示すると、部屋の明かりを点灯したり消灯したりすることができる。目覚まし時計の時刻設定も可能だ。

写真7 部屋ごとに1台の案内ロボ「ちゅーりー」が設置されている

「ちゅーりーちゃん、今何時?」。ちゅーりーから2メートルほど離れた場所から、人に話すのと同じように自然体で質問してみる。すると反応がない。

マニュアルに目を通してみると、ちゅーりーとの会話にはちょっとしたコツがあることが分かった。最初に「ちゅーりーちゃん!」と呼びかけ、ちゅーりーが「何でしょうか?」と返事をしない限り、時間を聞いたり、照明を操作したりすることはできないようになっている。

もう一度トライ。「ちゅーりーちゃん」と話しかける。「何でしょうか?」との答えがあったので、「今、何時?」とたずねた。すると「今の時刻は16時36分です」と答えた。続けて、「明日の天気は?」と聞いた。

すると数秒間、回答がない。もう一度「明日の天気は?」と聞くと、ちゅーりーが「明日の長崎の天気をお知らせします。明日16日、長崎県北部の天気は曇のち時々雨らしいですよ」と答えた。

室内の照明の操作や目覚まし時計の設定もしてみたところ、正常に動作した。十分、実用的だと感じた。せっかちな人なら、そのやり取りに少々いらつくかもしれないが、ちゅーりーの見た目や声色はかわいらしく、何だか憎めない。最後に「ありがとう」と話しかけると、「お安いご用ですよ」との返事。ここはビジネスホテルではないのだから、その点はご愛嬌ということだろうか。

ちゅーりーの横には、タブレット端末も装備されている。タブレット端末によるペーパーレス化で、ホテルの施設や設備、サービスの内容を閲覧できる(写真8)。さらにタブレット端末を使って、館内電話をかけたり、照明を調整したりすることも可能だ。

写真8 タブレットで施設や設備、サービスについて閲覧できる

ドローンを活用する予定も

変なホテルのコンセプトは「変わり続けることを約束するホテル」だ。既に配備されているロボットのほか、これからも新たな技術を次々に取り入れ、快適性と生産性を高めていく。

将来的にはルームサービスなどでドローン(小型無人飛行機)を活用する計画である(写真9)。ドローンに、小型の自動走行車が取り付けられており、ドローンが着陸したときに自動走行車部分が切り離され、小型の荷物を届ける仕組みである(写真10)。

写真9 変なホテルに導入予定のドローン
写真10 変なホテルのドローンは自動走行車を備える

ハウステンボスは、変なホテルの第二弾の建設も進めている。7月17日に開業した第1期棟に加え、2016年前半には第2期棟(72室)もオープン予定だ。さらに、グループのリゾート施設「ラグーナテンボス」でも、変なホテルを改良・進化させたホテルを建設する計画だという。

ハウステンボスの澤田秀雄社長は「ローコストエアラインの次はローコストホテルの時代が来る」と言い切る。変なホテルでの体験は、そうした近未来を予想させるものだった。

(日経コンピュータ兼日経ITイノベーターズ 矢口竜太郎)

[ITpro 2015年7月22日と同23日付の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン