自動運転ロボや顔認証キー…「変なホテル」はIT見本市
"ロボットホテル"探訪記(下)

(2/3ページ)
2015/7/31 6:30
保存
共有
印刷
その他

ところが、カメラの下にある表示部分には「REJECT」が点灯。うまくいかない。カードキーを読み取り部分にかざすと解錠できた。

それにしても、なぜ顔認証システムが正常に動作しなかったのだろうか。疑問に思い、もう一度、説明書を読み返した。「顔画像データの登録時は、カメラから50センチメートル以上離れてください」という内容が書かれている。フロントで自分の顔画像を登録する際、カメラを覗きこんだことを思い出した。顔写真が撮影される、ということを意識しすぎて、カメラに近づきすぎていたようだ。

「再びフロントに戻って顔画像データを登録し直さなければならないのだろうか」と面倒に思っていると、対処策があった。カードキーを持っていれば、まさに目の前(客室のドアの横にある)のカメラで顔画像データを再登録できるようになっていた。

カードキーを読み取り部分にかざしながら、今度は50センチメートル以上離れて撮影。すると、顔画像データの再登録が完了した。今度こそ大丈夫だろう。改めて顔をカメラに向けると、「ACCEPT」が表示され、解錠された(写真6)。部屋に入る。

写真6 顔認証でドアロック解除。これでキーを忘れても入室可能に

写真6 顔認証でドアロック解除。これでキーを忘れても入室可能に

■室内には案内ロボ「ちゅーりー」

「こんにちは」。声の主は、ベッドのサイドテーブルの上に置かれた小型の案内ロボットだ。ハウステンボスのマスコットキャラクター「ちゅーりー」である(写真7)。

ちゅーりーに話しかけると、現在の時刻や室内の温度、今日の天気、明日の天気を聞くことができる。指示すると、部屋の明かりを点灯したり消灯したりすることができる。目覚まし時計の時刻設定も可能だ。

写真7 部屋ごとに1台の案内ロボ「ちゅーりー」が設置されている

写真7 部屋ごとに1台の案内ロボ「ちゅーりー」が設置されている

「ちゅーりーちゃん、今何時?」。ちゅーりーから2メートルほど離れた場所から、人に話すのと同じように自然体で質問してみる。すると反応がない。

マニュアルに目を通してみると、ちゅーりーとの会話にはちょっとしたコツがあることが分かった。最初に「ちゅーりーちゃん!」と呼びかけ、ちゅーりーが「何でしょうか?」と返事をしない限り、時間を聞いたり、照明を操作したりすることはできないようになっている。

もう一度トライ。「ちゅーりーちゃん」と話しかける。「何でしょうか?」との答えがあったので、「今、何時?」とたずねた。すると「今の時刻は16時36分です」と答えた。続けて、「明日の天気は?」と聞いた。

すると数秒間、回答がない。もう一度「明日の天気は?」と聞くと、ちゅーりーが「明日の長崎の天気をお知らせします。明日16日、長崎県北部の天気は曇のち時々雨らしいですよ」と答えた。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

"ロボットホテル"探訪記(上)

娯楽から工場まで ロボット最前線

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]