丸ごとレビュー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ついに「7」が正統進化 Windows10直前レビュー
フリーライター 竹内 亮介

(1/3ページ)
2015/7/25 3:30
共有
保存
印刷
その他

 マイクロソフトは7月29日、同社の基本ソフト(OS)である「ウィンドウズ」シリーズの最新版「ウィンドウズ10」へのアップグレードを開始する。注目したいのがアップグレードの無償化だ。2009年に発売された「ウィンドウズ7」や、2013年に発売された「ウィンドウズ8.1」からなら、1年間に限り無料でアップデートできるようにした。

スタートメニューが復活し、デスクトップですべての作業が行えるようになったウィンドウズ10
画像の拡大

スタートメニューが復活し、デスクトップですべての作業が行えるようになったウィンドウズ10

 「ウィンドウズ8」や同8.1は、ウィンドウズの大きな特徴の一つである「スタートメニュー」が無かったが、10で復活した。8や8.1のユーザーインターフェースに違和感を感じ、アップグレードせずにウィンドウズ7を使い続けてきたユーザーも少なくない。そうした7ユーザーにしてみれば、ようやく訪れた最新OSに移行するチャンスといえる。期待と不安で半々といったところだろう。そこで今回は、7をずっと利用し続けてきたユーザーに向け、10とはどういったものなのか、8や8.1よりもスムーズに移行できるのかを検証した。

■7が動作するなら10も問題なく動作する

 誤解が無いように説明しておくと、全ての7および8.1ユーザーが7月29日からアップグレードできるわけではない。10の「開発版」をテストできる「インサイダープレビュープログラム」に参加済みのユーザーが対象だ。当該プログラムに参加していないユーザーは、別途案内がある「ウィンドウズ10へのアップグレード予約」を行うと、アップデート用ファイルが入手できる仕組みだ。

7月29日にダウンロードできるのはインサイダープレビューのユーザーだ
画像の拡大

7月29日にダウンロードできるのはインサイダープレビューのユーザーだ

 なにしろウィンドウズのユーザーは非常に多い。段階を踏んで「ファイルをダウンロードするユーザー」を整理しないと、サーバーに負荷がかかりすぎてダウンロードサービスが応答不能になったりダウンロードに時間がかかったりする恐れがある。一般の7/8.1ユーザーがアップデート用ファイルをダウンロードできるのは、最速でも7月30日以降になりそうだ。有償のパッケージ版も間をおかずに発売するとのことだが、手に入るのは8月に入ってからになるだろう。

 なお、10がプリインストールされたメーカー製パソコンは、一部の先行モデルを除き、9月または10月から本格出荷がスタートする。今回、完成版にきわめて近い最新バージョン「ビルド10240」の公開日時が、米国時間の7月15日とかなり遅かった。パソコンメーカーは、完成版を使って最終的な検証作業を実施するため、搭載パソコンの発売が9月以降にずれ込んだわけだ。

 アップグレードする前に気になるのが、「自分のパソコンで10が動作するかどうか」だろう。この点については、おおむね心配しなくてよさそうだ。マイクロソフトは、そのOSが利用できるハードウエアやソフトウエアを示した「システム要件」を公開している。確認したところ、7と8/8.1、10の4種類のOSのシステム要件は基本的に同一だ。つまり、7が快適に動作しているパソコンなら、10も快適に動作する。

タスクトレイに表示されているウィンドウズマークをクリックすると、10のダウンロード予約が行える
画像の拡大

タスクトレイに表示されているウィンドウズマークをクリックすると、10のダウンロード予約が行える

 また、10のダウンロード予約をする際に、それぞれのパソコンのハードウエアやソフトウエアが10に対応しているかどうかを自動的にチェックしてくれる。未対応のハード/ソフトがあるとリストアップして表示する。なにもリストアップされなければ、そのままアップデートしても大丈夫だ。リストアップされた場合は、ハードおよびソフトメーカーから、10用のアップデートファイルが提供されるのを待つとよい。

 筆者は、インサイダープレビュープログラムを通じて、10の開発版を試してきたが、7で使ってきたソフトウエアは、おおむねそのまま動く印象だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

丸ごとレビュー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソニーのエクスペリアタッチ。プロジェクターで壁や机などに画面を表示する機能を備えている

かばんに入るのに23型画面 ソニーの投映型タブレット [有料会員限定]

 ソニーが7月に発売した「エクスペリアタッチ」は、グーグルのアンドロイドOS(基本ソフト)を搭載するスマートデバイスである。スマートデバイスだが、スマートフォン(スマホ)やタブレットのような液晶ディス…続き (9/16)

パナの新型タフブック、零下20度の冷凍倉庫で検証 [有料会員限定]

 過酷な環境での使用を想定したパナソニックのノートパソコン「タフブック」シリーズに、液晶サイズが12型の「CF-33」が追加された。液晶部分を取り外しタブレットとしても使えるデタッチャブルノートだ。米…続き (9/2)

ノートPCの画面広く 持ち運べる外付けモニター [有料会員限定]

 エイスース・ジャパンは7月、15.6型ワイドパネルの液晶ディスプレー「ZenScreen MB16AC(以下、MB16AC)」を発売した。厚さは8ミリ、重さは約780グラムと軽量で、外出先にも気軽に…続き (8/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト