2017年11月25日(土)

いまもあせない本多流運用法 専門家はこうみる

(1/3ページ)
2015/7/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 長期的視野に立った独自の貯蓄と投資法で蓄財に成功した本多静六。投資姿勢のどんな点が現在の資産運用に通じるのか。投資家としての本多を評価する専門家に聞いた。

「『想像と創造』、ともに造園と投資ポートフォリオに必要」

コモンズ投信・渋沢健会長

 「本多氏が掲げた『4分の1貯金』は私たちの考える積み立て長期投資と同じ理念だ。投資には、こうした未来のために資金を『玉手箱』に入れていくような考え方が必要。本多氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報