/

この記事は会員限定です

迫るクロダ・ライン 1ドル=124円台の攻防

経済部 佐伯遼

[有料会員限定]

「そろそろ要人発言に注意が必要だ」――。外国為替市場でにわかに警戒感が高まっている。その理由は「クロダ・ライン」の接近。日銀の黒田東彦総裁が6月10日の衆院財務金融委員会で「円安けん制」とされる発言をした際の水準1ドル=124円台半ばを指す。円安によるコスト上昇など負の側面もクローズアップされる場面が増えるなか、市場では政府が容認する円安の水準を探る動きが加速している。

20日のニューヨーク市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン