2018年12月17日(月)

人質はデータ 「身代金」ウイルスが日本上陸
ラック 取締役 専務執行役員CTO(最高技術責任者) 西本 逸郎

(1/3ページ)
2015/7/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「元通りにしてほしければ金を払え」――パソコン内のファイル(データ)を勝手に暗号化して読めなくしたうえで脅迫メッセージを表示する身代金要求型ウイルスの被害が国内で拡大している。ファイルを「人質」に取って金銭を要求することから「ランサムウエア」(ランサム=ransom、身代金の意)とも呼ばれ、昨年から米国を始め世界中で猛威を振るっていると報道されている。

日本でも数年前からこのウイルスの存在は確認…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報