/

この記事は会員限定です

人質はデータ 「身代金」ウイルスが日本上陸

ラック 取締役 専務執行役員CTO(最高技術責任者) 西本 逸郎

[有料会員限定]

「元通りにしてほしければ金を払え」――パソコン内のファイル(データ)を勝手に暗号化して読めなくしたうえで脅迫メッセージを表示する身代金要求型ウイルスの被害が国内で拡大している。ファイルを「人質」に取って金銭を要求することから「ランサムウエア」(ランサム=ransom、身代金の意)とも呼ばれ、昨年から米国を始め世界中で猛威を振るっていると報道されている。

日本でも数年前からこのウイルスの存在は確認さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2553文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン