永田町アンプラグド 安保法案、「理解が進まない」と胸は張れない

2015/7/15 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今国会最大の焦点である安全保障関連法案が15日、衆院平和安全法制特別委員会で与党単独で採決され、可決した。16日の本会議で可決し参院に送付されれば、今国会での成立にほぼメドがつく。不可解なのは安倍晋三首相が締めくくりの質疑で「残念ながら国民の理解は進んでいない」と繰り返し答弁したことだ。それならなぜ採決を急ぐのだろうか。

衆院での審議時間は116時間と戦後の法案審議で6番目の長さになった。それで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]