最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,800 +50

[PR]

相場師列伝

フォローする

篠原忠右衛門氏 普仏戦争の勃発で倒産
市場経済研究所代表 鍋島高明

(1/2ページ)
2015/7/25 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ころは幕末、横浜開港が近づくと近在から一騎当千の猛者たちが"貿易立身"を狙って横浜に集結する。その時一番最初に生糸輸出を手掛けた男、それが篠原忠右衛門である。安政6年(1859年)開港と同時に、本町2丁目に間口15間の甲州屋を開店、甲州特産の生糸、甲斐絹(絹織物)、綿布、紙などの貿易に乗り出した。時に50歳。天下の糸平(田中平八)や雨敬(雨宮敬次郎)ら20歳以上も年下の血気盛んな若者たちと丁々発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

相場師列伝 一覧

フォローする

読まれたコラム