/

この記事は会員限定です

レンゴーが「値上げ義務」を果たして狙う増益

[有料会員限定]

段ボール国内最大手、レンゴーの業績が拡大している。2016年3月期の連結純利益は前期比75%増の100億円と、13年3月期以来3年ぶりに100億円の大台を回復する見通しだ。原燃料価格の高騰や販売競争の激化が響き、国内の段ボール市場は採算が低迷していた。レンゴーは他社に先駆けて価格改定に取り組んできた結果、値上げによる販売数量の減少に見舞われてきた。この値上げ交渉が15年2月に一段落したことが16年3月期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン