/

この記事は会員限定です

汚泥水素で「ミライ」走る バイオマスが再び脚光

[有料会員限定]
 家庭や事業所から排出される下水には、燃料に使える成分が含まれている。固定価格買い取り制度(FIT)で、捨てられていたエネルギーを活用する動きが加速している。

技術は数十年前から整っているのに、十分に生かされていない国産エネルギーがある。「下水汚泥」だ。

下水汚泥は、家庭や事業所などからの排水(下水)の汚れを取り出した物だ。炭素や水素からなる有機物が含まれている。下水処理場で汚泥を取り出せば、燃料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン