汚泥水素で「ミライ」走る バイオマスが再び脚光

(1/3ページ)
2015/8/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 家庭や事業所から排出される下水には、燃料に使える成分が含まれている。固定価格買い取り制度(FIT)で、捨てられていたエネルギーを活用する動きが加速している。

技術は数十年前から整っているのに、十分に生かされていない国産エネルギーがある。「下水汚泥」だ。

下水汚泥は、家庭や事業所などからの排水(下水)の汚れを取り出した物だ。炭素や水素からなる有機物が含まれている。下水処理場で汚泥を取り出せば、燃料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]