/

この記事は会員限定です

少子化進む中国、女性「50歳定年」も終わりに

アジア総局編集委員 村山宏

[有料会員限定]

中国の女性の定年退職の年齢が50歳だと聞いたら驚くだろうか。中国では男性が60歳、女性は50歳(女性幹部は55歳)で定年を迎える。男女平等の観点からは問題のある制度だが、早めの定年で人生の後半を悠々自適で過ごす女性も多かった。だが中国でも少子高齢化の大波が押し寄せており、このままでは年金など社会保障の維持が難しくなる。中国政府は早ければ2022年にも定年退職の年齢を引き上げる方針を打ち出した。

■...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン