2019年7月24日(水)

自衛隊の空飛ぶ「虎の子」、米欧も注目 編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2015/7/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自衛隊が長年かけて国内企業と育ててきた「虎の子」が、表舞台に姿を現した。その存在は同盟国である米国だけでなく、ロシア軍の動きを警戒する欧州の関心も呼んでいる。

その「虎の子」とは、初の純国産となる最新鋭の哨戒機「P1」。主な役割は、海洋の警戒や監視。とくに肉眼では見つけられない海中の潜水艦を探し出し、攻撃する能力があり、「潜水艦キラー」とも呼ばれる。

海上自衛隊は現在、厚木基地(神奈川県)に約1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。