/

この記事は会員限定です

世界の株式、欧州株安目立つ ギリシャ問題の深刻化で

[有料会員限定]

6月29日~7月3日の世界の株式市場では、欧州株の下落が目立った。いったんは解決に向かうとみられたギリシャ債務問題がより深刻化し、運用リスクを避ける動きが広がった。イタリアやフランスの株価指数が5%下げ、ドイツ株も4%安と欧州株は軒並み大幅下落となった。

世界25カ国・地域のうち、下落率が最も大きかったのは上海株だった。週間で12%安と、3週連続の大幅安となった。3週合計の下落率は3割に達した。景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン