/

この記事は会員限定です

税とイノベーション

税金考

[有料会員限定]

ビールと酒税を巡る20年に及ぶ戦いはイノベーションを生み出したのか――。

初の発泡酒が生まれた1994年以来、ビール会社は酒税の負担の軽い酒造りを追求し、「第三のビール」を生み出した。抜け穴をふさぎ、税収を確保したい国税庁は発泡酒、第三のビールの税率を引き上げて応戦。いたちごっこの末に直面しているのは販売量、酒税額とも減少し、縮小均衡に陥っている現実だ。

ビールの販売量は減り続けている。国税庁によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン