/

この記事は会員限定です

感性に訴えるものづくり 開発の新常識は「脳に聞け」

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス
電機メーカーや自動車メーカーで、脳の活動を可視化して開発に生かす動きが活発になっている。製品を使うヒトについて深く理解することで、従来になかった視点での開発につなげる。モノの性能・仕様を良くする開発から、「脳=ヒト」の感性や情動に訴える開発へ。開発指針に、脳という新たな基準が加わる。

「ヒトをわくわくさせるにはどうすればよいのか」――。広島大学大学院 精神神経医科学 教授の山脇成人氏が、マツダなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン