6億人のASEANマネー 日本にも触手

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジア諸国連合(ASEAN)の個人投資家が日本企業への関心を高めている。アベノミクスをきっかけに15年ぶりの水準まで戻してきた日本株は東南アからも魅力的に映るようだ。彼らの存在感は欧米の機関投資家とは比べものにならないほど小さいが、成長著しいASEANの人口は6億人。個人マネーの潜在力は無視できない。

バンコクの通信会社で働くエンジニアのサクチャート・ナムルアウさん(37)。日銀が異次元の金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]