/

この記事は会員限定です

強い短観、実は幻か?

[有料会員限定]

「四捨五入で数字が強く出過ぎてしまった」。日銀調査統計局の職員はいくぶん戸惑った様子でこう話した。日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)。大企業製造業の業況判断指数(DI)はプラス15で、前回の3月調査よりも3ポイント改善した。市場の事前予想のプラス12を上回る強い数字になったが、日銀は企業心理がここにきて急に改善したわけではないという。

からくりはこうだ。DIは業況が「良い」と答え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン