岸内閣ようやく成立  60年安保への序曲(28)
特別編集委員・伊奈久喜

(1/2ページ)
2015/7/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国会は1957年2月25日午後1時すぎから衆参両院で本会議を開き、岸信介を首相に指名した。岸は直ちに国会内大臣室に入り、石橋内閣の官房長官だった石田博英の再任を決め、組閣に入った。56年12月の自民党総裁選挙を石橋とともに争った石井光次郎が無任所の国務相として入閣したほかは、石橋内閣の閣僚を再任した。

■外相を兼務

いわば居抜きで石橋から政権を引き継いだのである。

組閣作業は首相官邸を舞台に進むの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]