/

「尊敬される日本とはどのような国だと思いますか」

大塚陸毅JR東日本相談役 経営者編第12回(7月6日)

<大塚さんの主張>

●生活の質を磨くことで尊敬される国になれる

●科学技術・貿易・観光の3つの柱を推進しよう

●変えていこうとする志があれば社会が動く

JR東日本 大塚陸毅相談役

若い人たちが夢描ける環境つくる

読者の皆さん、特に若い人たちは、この日本をどのような国にしたいと考えていますか。これからの日本を創っていくのは皆さんであり、自分のこととして考えなくてはいけません。一方、人生の先輩たちは、経験を踏まえて、どんな国にすべきだと考えていますか。若者がやりたいことができる、描きたい夢が描けるような環境づくりが大切です。

目下、日本の将来を明るく展望するものは多くはありません。人口減少・超高齢化、財政問題、地方衰退など多くの難題に直面する課題先進国ともいわれるなかで、経済大国としてのプレゼンスも低下していくでしょう。経済協力開発機構の報告書では「今後50年で世界のパワーバランスが劇的に変わる」と指摘し、新興国の躍進を背景に世界に占める日本の国内総生産(GDP)は2060年には3.2%と、11年に比べ半減すると推計されます。

大塚陸毅JR東日本相談役の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

一方、海外からは日本のイメージについて質の良さを挙げて評価する人が多いのをご存じでしょうか。米フューチャーブランドが毎年実施する「国別ブランド評価ランキング」(2014~15年度)では、日本が初めて総合1位に輝きました。「日本を一言で言い表すと」という質問ではテクノロジー、文化、食べ物、友好的、アニメ、安全、安心、美しいといった回答が目立ちました。

 数量による経済力で国のプレゼンスを取り戻すのは難しいかもしれませんが、有形無形の質を磨き上げることで今まで以上に注目され、信頼される国になるのは可能だと、私は確信しています。「尊敬される国を目指そう」と言ったほうがいいかもしれません。

海外からの印象は「質の良い国」

その方策として私の持論は科学技術立国、貿易立国、観光立国の「3つの立国」の推進です。日本人は自然科学の分野でノーベル賞をいくつも受賞しており、科学技術立国の素地は十分にあります。ロボット技術は日本のお家芸で、技術に裏打ちされた日本製品を世界中で利活用してもらうことにもつながります。また観光の持つ潜在力は経済力だけではありません。交流が活発になれば互いの理解も深まり、不毛な争いもなくなるでしょう。そして直面する多くの難題を解決し、質を磨くことで、諸外国のお手本となれるはずです。

大塚陸毅JR東日本相談役の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

この未来面で私は2010年から観光をキーワードにして読者から多彩なアイデアを寄せてもらいました。5年前といえば訪日外国人ブームはなく、観光を単なる物見遊山と捉える風潮がありました。しかし、今ではどうでしょう。もはや誰もが官民挙げた観光振興の取り組みが日本経済を下支えしていると認識しています。わずか数年で訪日外国人が旅行を楽しむ姿を多く見かけるようになりました。

やってみよう、変えていこうとする志があれば社会は動いていくと感じました。今回はもっと幅広い分野について皆さんに問いかけたいと思います。すばらしいアイデアを待っています。

「変わらねば」の原体験

JR東日本の大塚陸毅相談役には「変わらなければ生きていけない」という強烈な原体験がある。それは1987年の国鉄改革に伴う民営化だ。改革に痛みは伴うが、乗り越えたときに見える世界を体験してきた。だからこそ「変わることへの前向きな姿勢と意識を持つべきだ」と主張する。「国や自治体が何とかしてくれるだろう」という時代はとっくに去り、自立した個人が描く社会こそ、質の面で強い国になるだろう。(編集委員 田中陽)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン