2018年11月19日(月)

オン・ザ・グリーン

フォローする

居並ぶ海外強豪もなんの…ゴルフ武藤、自信膨らむV
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2015/7/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

招待選手は2011年マスターズ王者のシャール・シュワーツェル(南アフリカ)や13年全米プロ選手権覇者のジェーソン・ダフナー(米国)、最新の世界ランク28位のイアン・ポールター(英国)ら豪華メンバーがずらり。新規開催の異色トーナメント、ISPSハンダグローバルカップ(6月25~28日、山梨県ヴィンテージGC、6774ヤード=パー71)は武藤俊憲(37)がアンジェロ・キュー(フィリピン)とのプレーオフを制し、12年関西オープン以来、3年ぶり6勝目をマークした。

プレーオフ2ホール目で決着つける

最終日、4組前のキューが64をたたきだし通算14アンダーで先にホールアウト。首位発進した武藤はやや出入りの激しいゴルフで、ボギー直後の16番を迎える時点では2打追う立場になっていた。しかし16番で20メートルの長いバーディーパットをねじこみ、17番の3メートルのパーパット、18番は5メートルのバーディーパットを沈め、キューに追いつく。プレーオフでは1ホール目でティーショットを左林に打ち込みながらパーとしてキューと分け、2ホール目にバーディーを奪って決着をつけた。

優勝翌日に改めて勝因を尋ねると「奇跡的な、大事なパットが入ってくれた。勝つ時はこんなものでしょうか」と話した。そうだろう。昨秋の三井住友VISA太平洋マスターズでは18番で1メートルのバーディーパットを外し1打差の2位に敗れた。「プロは勝ってナンボ」と悔しさをかみ殺した姿が印象に残っている。日本シリーズJT杯(3位)まで終盤4試合連続でトップ10入りしたが、胸中では複雑な思いが渦巻いていた。

昨季からミズノと用具使用契約した。ショットメーカーにとっては、定評あるアイアンなど老舗メーカーのクラブは大きな武器になる。かなりの意気込みでシーズン入りしたが、よりによって「ホスト大会」のミズノオープン(5月)で左足首靱帯断裂の重傷を負った。手術は回避したものの、治療とリハビリに2カ月を費やし、8月の復帰戦(KBCオーガスタ=3位)まで穏やかならぬ日々を過ごした。

ボールなどを元に戻して完全復活

故障した左足を無意識のうちにかばっていたせいだろう。今季はずっと右股関節に違和感を感じていたらしい。5月の日本プロ日清カップヌードル杯ではプロアマ戦でショットが乱調。初日は2位と好発進したものの60位と崩れた。今回の優勝前の2試合も予選落ちしていた。

「朝起きるとあっちが痛い、こっちが痛いと。体の使い方がよくなくて腰に張りがあった」と秋山武雄トレーナー。しかし5月初めに替えたボールなどを元に戻したことで、ショットのイメージも変わったからだろうか。秋山トレーナーは「体のバランスが良くなり、楕円のラグビーボールが丸いボール、球体になった感じ」と完全復活に太鼓判を押す。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
畑岡はTOTOジャパンクラシックで米ツアー2勝目を挙げた=共同共同

 国内で開催される唯一の米ツアー大会、TOTOジャパンクラシック(11月2~4日、滋賀・瀬田GC北=パー72)で、米ツアー参戦2年目の畑岡奈紗(19)が4打差の3位タイから67で回り、通算14アンダー …続き (11/8)

日本オープンで初優勝した稲森。大会期間中、選手とギャラリーが計算されたルートを行き交い、活気があった(横浜CC)=共同共同

 今年の男子ゴルフの日本オープンが行われた横浜カントリークラブの変貌ぶりは感動的でさえあった。クラブハウス前に大きく造成された緑の芝生のマウンドは開放的なムード。トーナメント開催時は選手とギャラリーが …続き (10/25)

安田は17年夏からツアー9試合に出場し、全て予選突破している=共同共同

 畑岡奈紗(19)、勝みなみ(20)、新垣比菜(19)、小祝さくら(20)ら、1998年4月~99年3月生まれの「黄金世代」は、今や広く世間に知られている。女子プロゴルフ界の一大勢力となった「黄金世代 …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]