ファストリの見えない「大株主」

2015/6/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先週25日に5万7000円の上場来高値をつけるなど上昇基調が続くファーストリテイリング株について、市場関係者の一部で、ある「大株主」の存在が意識され始めている。異次元の金融緩和政策の一環として2010年12月から上場投資信託(ETF)をせっせと買い入れてきた日銀のことだ。

日経平均が今年最大の下げを演じた29日の370億円とあわせ、日銀のETF買い入れ総額は現時点で5兆4849億円に上る。買い入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]