/

この記事は会員限定です

T・スウィフト氏の反乱騒動、アップル音楽帝国に陰り

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)、高速通信、クラウドの急速な普及によって流通への支配力が弱まったアップルが音楽ビジネスで守勢に回っている。6月30日に始めた定額音楽配信「アップルミュージック」が米人気歌手のテイラー・スウィフト氏に批判され、無料試聴期間中もアーティストに対価を支払うことになった。音楽のネット配信で圧倒的なシェアを誇り、イベントでも参加アーティストに対価を支払わないことで有名なアップルの姿勢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン