T・スウィフト氏の反乱騒動、アップル音楽帝国に陰り

(1/2ページ)
2015/7/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)、高速通信、クラウドの急速な普及によって流通への支配力が弱まったアップルが音楽ビジネスで守勢に回っている。6月30日に始めた定額音楽配信「アップルミュージック」が米人気歌手のテイラー・スウィフト氏に批判され、無料試聴期間中もアーティストに対価を支払うことになった。音楽のネット配信で圧倒的なシェアを誇り、イベントでも参加アーティストに対価を支払わないことで有名なアップルの姿…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

アップルの音楽配信、報酬めぐる動き

音楽の聞き放題、日本も本格スタート

動き出したグーグル

迎え撃つ「Spotify」

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]