/

富士通がシリコンバレーに「イノベーション創出施設」

日経テクノロジーオンライン

富士通と米Fujitsu Laboratories of America、米Fujitsu Americaは、米国カリフォルニア州にある富士通サニーベールキャンパス内に新たな施設「Open Innovation Gateway - Powered by FUJITSU」(以下、OIG)を、2015年6月23日(現地時間)に開設した。

OIGは、アイデア創出から実証を経たビジネス化に向けて、社内やビジネスパートナーが共同で取り組み、イノベーションを生み出すためのプラットフォームだという。富士通グループは、OIGを通じて社内外のイノベーションを加速させるとする。

OIGを開設した地域は、様々な新技術やビジネスが生まれる世界のイノベーションの中心として知られている。同社では、この地で生まれた共創と起業の文化が、顧客やビジネスパートナーとのコラボレーションを促進し、イノベーションの創出につながると考えてOIGを開設したという。

OIGでは、日本における学びの思想、「守(Learn)・破(Break)・離(Create)」をベースにした継続的なイノベーションプロセスによって、社内外のイノベーション創出を支援するという。将来は、OIGがスピーディーなイノベーション実践の牽引役となり、ビジネスパートナーが自ら新たな価値を創造できる場となることを目指す。

富士通によれば、「守(Learn)」は、ビジネスパートナーとともに、収益までを見据えた新規ビジネスモデルを構築することを意味する。「破(Break)」は、エコシステムによりビジネスパートナーの強みを生かす新たな可能性を模索することである。「離(Create)」はオープン・サービス・イノベーションを通じた知識創造により、ビジネスを市場にスピーディーに展開し、次の活動につなげる、ことだとする。

OIGでは、次のような環境を用意している。(1)インターネットを介し、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどのデバイスに依存することなく世界中のビジネスパートナーとアイデアの共創が可能な会議室ソリューション「Infopresence」。(2)テーマや討議に合わせて、効果的なコミュニケーションを実現する「ビデオウォール」。(3)利用者が手軽にビデオを撮影・編集できるスタジオ。(4)様々な分析やシミュレーションを可能にする「ハイパフォーマンス・コンピューティング」へのアクセス環境、である。

(日経テクノロジーオンライン 小島郁太郎)

[日経テクノロジーオンライン 2015年6月24日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン