/

この記事は会員限定です

株、18年半ぶり高値 「大波」に挑むスゴ腕個人

証券部 増野光俊

[有料会員限定]

「年末には2万7000円」、「これからが本番」――。日経平均株価が1996年12月以来18年半ぶりの高値を付けた24日の東京株式市場。市場参加者から威勢のいい言葉が相次いだ。終値は2万0868円とIT(情報技術)バブル期の2000年4月に付けた2万833円を上回った。盛り上がる株式市場の大波を、経験豊富な個人投資家はどう乗り切ろうとしているのか。目をこらすと見えてくるのは、相場の方向性とは反対に売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン