/

この記事は会員限定です

「白すぎ姫路城」復活 見せる補修経て大天守白く強く

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア
世界文化遺産に登録されている国宝・姫路城の大天守が、耐震補強を含む「平成の修理」を終えて一般公開された。補修前とは見違えるような純白の外観は、まさに「白鷺城」。その姿をひと目見ようと連日、大勢の見学者が押し寄せている。

2015年3月27日から6年ぶりに一般公開が再開された姫路城の大天守。城の前の広場には連日、長蛇の列ができている。

まばゆいばかりの白さ――。補修を終えた国宝・姫路城の大天守を目に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン