/

この記事は会員限定です

対日本サイバー攻撃 漏洩、恥の心理が敵を助ける

ラック 取締役 専務執行役員CTO(最高技術責任者) 西本 逸郎

[有料会員限定]

日本の企業や組織がサイバー犯罪グループに打ち勝つのか、それとも巧妙さを増す攻撃に屈するのか――。国内で広がるサイバー攻撃事件は、大きな節目を迎えている。日本年金機構は22日、サイバー攻撃による情報漏洩の人数が全国で101万人に上ると発表した。全国健康保険協会、長野県の上田市役所、早稲田大学のサイバー攻撃による被害も相次いで明らかになった。一連の事件からは、標的型攻撃と呼ばれる高度な手法によって日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン