/

この記事は会員限定です

都会に雨水貯留施設 ビルがゲリラ豪雨被害から救う

[有料会員限定]
 集中豪雨時の下水道氾濫に備え、雨水貯留施設を持つビルの建設が相次いでいる。下水道法と水防法の改正で、下水道ビジネスに民間の商機も出てきた。

「ゲリラ豪雨」に対処しようと、都会の民間ビルの地下に雨水貯留施設が続々登場している。再開発を進める渋谷駅では東京急行電鉄が中心となり、地下に4000トンの水をためられる巨大な雨水貯留施設を建設中だ。名古屋駅近くの新・大名古屋ビルヂングの工事では、三菱地所が5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン