キーエンス、「化石」恐れる株主の反旗

(1/2ページ)
2015/6/19 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファクトリーオートメーション(FA)用センサー大手のキーエンスの株価が足踏みしている。3月18日に上場来高値6万9480円を付けてからやや下げ、6万円台での展開が続く。同期間では日経平均がゆるやかな上昇基調になっているのに対して、勢いを欠いている。増収増益が続く業績面での評価は高い一方、あるかたくなな経営姿勢が、株価の重荷になっている。株主総会でも、その姿勢に株主が反旗を翻す異例の事態になった。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]