/

この記事は会員限定です

緑にのみ込まれた中国の村 進む都市化と過疎化

上海支局 土居倫之

[有料会員限定]

中国・上海から船を乗り継ぐこと約4時間。浙江省に漁業を主な産業とする小さな島がある。この島の漁村「後頭湾村」はかつて漁業をなりわいに800戸、約3000人が住んでいた。ところが1990年前後から1戸また1戸と消え、現在は84歳の女性がひとり住むだけという。この村は自動車が通れる道路がなく、水道やガスもない不便な場所にある。

ツタが覆い、自然と一体

村に残された住居は緑のツタがコンクリート製の外壁を隅々まで覆い、ほとんど自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン