/

1100台分の駐車場の上にメガソーラー 国光施設工業

日経BPクリーンテック研究所

国光施設工業(東京都大田区)は、出力約1.7MWの日本最大級のカーポート型メガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、2015年6月中旬に発電事業を開始する。双葉電子工業(千葉県茂原市)が所有する千葉県の長生工場に隣接する、従業員用の駐車場に設置した。発電事業者は、国光施設工業の子会社、国光エナジーサービス(東京都中央区)となる。

約1100台の駐車場スペースとなる約2.6ha(ヘクタール)の敷地に設置する。大面積のアレイ(太陽光パネルの設置単位)を大きな設置高で設置することで、パネルの下に駐車できるようにした。年間発電量は約170万kWh、一般家庭約470 世帯分を見込んでいる。発電電力は、全量を電力会社に売電する。

EPC(設計・調達・施工)サービスは国光施設工業。太陽光パネルは中国のインリー・グリーンエナジー・ホールディング製、パワーコンディショナー(PCS)は富士電機製。架台の設計は、環境経営戦略総研(東京都新宿区)と中村勉総合計画事務所が担当した。

同社によると、「欧米ではMW級のカーポート型太陽光発電所はあるが、日本では、既存の駐車場を利用した1MWを超えるカーポート型メガソーラーの導入は例がない」という。

国光エナジーサービスが、双葉電子工業から太陽光発電事業の目的で20 年間、駐車場を借り受ける。太陽光パネルを設置後も、駐車場の機能は損なわないため、双葉電子工業は従業員用の駐車場として利用を続ける。太陽光パネルが屋根の代わりになるため、夏の強い日差しを遮って、車内温度の上昇を防ぐ効果もある。

国光施設工業は、空港や工場、病院、大型ビルなどの電気設備工事業を主力としている。これに加え、公共・産業用向けメガソーラーのEPCやO&M事業にも乗り出している。同社は、環境経営戦略総研と共にカーポート型太陽光発電システムの設置に取り組んでおり、2015年度中に10MWの導入を目標としている。

2014 年12 月に都が発表した「東京都長期ビジョン」では、再生可能エネルギーによる電力利用を20%増加させるための具体的な施策の1つとして、「駐車場の上部空間を有効活用するソーラーカーポートの普及促進」を挙げている。

(日経BPクリーンテック研究所 金子憲治)

[日経テクノロジーオンライン 2015年6月11日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン